社員紹介人を知る

眞次 美津雄 (2009年中途) 眞次 美津雄 (2009年中途)

人を大事にすること、
プライベートをしっかりもつこと

営業系 エリアマネジャー

眞次 美津雄 (2009年中途)

ジョイフルに入社したきっかけは

学生の頃からよくジョイフルを利用していました。利用していたお店は非常に雰囲気のいいお店でした。自分の中で「いいお店=いい職場」という考えがあったので入社を決意しました。ちなみに学生の頃はジョイフルの「はしご」をするほどジョイフルが好きでした。もちろん今も好きです。

 

 

ジョイフルでの経歴や現在の業務について教えてください

2009年7月に中途採用で入社しました。2010年8月から福岡の店舗で店長になり2015年12月まで約5年間店長を務めました。2016年1月~5月は近畿地方を中心に新店開店時の支援を担当する「オープン隊」の隊長をやっていました。そして6月から滋賀県でエリアマネジャーを任ぜられ今日に至っています。エリアマネジャーのメイン業務は労務管理で、たとえばシフト管理などで店長に助言したりしています。今後のジョイフル発展のためには労務管理の厳守は必須だと思っていますので、適正な労務環境を守ることを一番に考えながら仕事をしています。

 

 

 

0119joyfull5886aa.JPG

 

 

中途社員として入社した後、最速でエリアマネジャーとなりましたが、その訳というか極意のようなものがありましたら教えてください

まずは、会社の指示を愚直に真面目に遂行することです。2つ目は人を大事にすることですかね。お客様、クルー、上司、自分に関わるすべての人を大事にすることを心がけています。自分で言うのもなんですが、人は言葉ではなく心で動くものだと考えています。心を尽くせば相手も心からのおもてなしをしてくれます。3つ目は仕事とプライベートを完全に分けることです。ワークライフバランスという言葉もありますが、「仕事100パーセント、プライベート100パーセント」をモットーとしています。 仕事を100パーセントできないとプライベートも100パーセント楽しめませんし、逆もまたしかりですね。人間の時間は限られており、出来ることを出来るときにやる、先延ばしにしないことが大事です。これのおかげでエリアマネジャーになれたのかもしれないですね。

 

 

やりがいや嬉しさを感じるのはどんなときですか

人の成長。自分の部下が自分の指示によって成長していくのが嬉しいし、それを見守っていくのが楽しい。特に印象に残っているのは、副店長時代に一緒に働いていたあるクルーです。彼とは仲が良かったのですが、引越しをきっかけに退職してしまいました。しかし、その後彼が職探しをしているときにジョイフルへの入社を勧めました。まだ若くて社会の常識など知らない部分もありハラハラしていましたし、彼が店長になったときは心配で週に5日(!) ほど様子を見に行っていましたね。今ではそんな彼も立派な店長になっています。彼にはいつか私の上司になって恩を返してねと言ってます。(笑)

 

 

 

IMG_0361aa.JPG

 

 

これから店長やエリアマネジャーを目指す後輩社員たちに一言アドバイスをお願いします

人を大事に。自分が周りを大事にすれば周りも自分を大事にしてくれます。自分一人では能力も限られているし、周りの方たちの助けがあってこそできている部分があると常に考えています。自分の得意な分野では積極的に人を助け、自分が苦手なことは人に助けてもらうことも、仕事をする上で大事なことだと思います。

ジョイフル採用募集 お問い合わせ受付

受付時間 9:30-18:30(土日を除く)

0120-81-1145